カテゴリー
過去のニュース
最近のコメント
<< 2015年、雑誌の掲載について。 | main | ホットクロスバン。 >>
歩粉の活動というか、私のことですが、、、
歩粉というのは、私がお菓子の活動をしていくと決めた時に考えた名前。
お店をやっていると、ホコさん ホコちゃん…って呼んで下さる時があります。
それも何かだ私は嬉しくって、ホコ=私ってことが。
「ホコさん、いやスミマセン…ヒトミさん…」なんて言って下さる方に、どっちでもいいんですよ〜って、にやついてしまいます。

歩粉っていうのは、デザートを召し上がって頂くカフェとして(スタートは通販でしたが)ずーーっと続いていくもんだと私自身思っていました。
私は、きっと長生きするだろうから何歳まで出来るんだろ〜な、なんてぼんやり思っていたほどで。
お店を始めたばかりの頃は、スイーツ関係の雑誌にもたくさん取材して頂いて、どんな記事だったかは忘れてしまいましたが、「お店をスタートして、これからの目標は何かありますか?」と質問された時に、目標、、、はっきりその時は浮かばなくて、そんな中でも「続けていけたらいいです…」と答えたのを、覚えています。
そんな私でしたが、4年前の震災が起きた時はだいぶと混乱しました。
金曜の午後、もちろん通常どおりの営業、お客様もまばらにいらっしゃいました。いつもの場所に居た私は、すごい揺れに阪神大震災の記憶がよみがえってきて、怖くてどうしたらいいのか分からず、食器が並んでいる前面の棚を両手で押さえながら、ただ動けずにいました。
揺れが落ち着いてきてからも、とりあえずそのまま営業を続けていました。時間が経つごとにお店の前は歩いて都内を移動する人たちが増えてきて、突然「目黒方面はどちらですか?」と尋ねに入ってくる方、「どこに行ったらいいか分からなくて一人でいるのが怖くて、ここに来ました。」という方。誰しも経験のない事態に、不安を隠しきれない状態だったと思います。
その日は、埼玉から通ってくれているスタッフ、関西から遊びにきて新幹線で帰れなくなってしまった友達と、私のワンルームの小さな部屋で川の字になって寝ました。
その後も、お店を休むという選択がない私はいつものように開けっていました。私ひとりでもやれる範囲で営業したらいいのだから…と考え、もう今日は一人も来ないかもな…と思っていた矢先の閉店間際にお一人、「渋谷から歩いて来ました、仕事が早く終わることになって、まだ間に合うかなと思って…」いろんなことに判断がつきにくくなっていた私も、その時は今日開けていて良かった…と少し救われたような気持ちになりました。
ある日、私の信頼している友達数人から急に立て続けに関西に帰っては?と声をかけてもらい、その時に友達の強い何か想いが伝わってきたからか、とりあえず帰ってみよう、そう決めるとその日の内に実家の大阪に帰ってました。
大阪に着いた瞬間、ゆる〜い空気感に正直ビックリしました。街が明るいし、電車内で日常の些細な会話を関西弁で話ているのを聞いただけで、ほ〜っとしました、ホントはすごく気が張っていたんだな…ってそのとき気がつきました。
実家に帰っても、便座が温かいだけでも罪悪感をぬぐいされない、関東にいてたら…ってそんな想いは頭から離れません。
私の場合は、結果的に1週間ほど休みをいただき、やはり私に今出来ることは歩粉の営業だ…という考えに落ち着いたので戻りましたが、その1週間いろいろ考える時間をもてて良かった。
誰でも迷いますし、戸惑うこともたくさんあります。どんな結果であれ、その時ちょっとでもピンとくる方に動くのがいいのかなって私は思います。自分が納得するのが一番、ひとのせいにするとか何かのせいにするとかの方が後々しんどくなってしまう気がするのでね。(何でやねん!何やねん!ってツッコミ入れてることも日々ありますが、、、)
そして、帰って来てお店を復活して思ったこと。
人は、人と会って語る場所、自分に向き合う場所がこんなにも大事なんだなって。皆、温かいもの飲みながらスイーツを食べて最近のことを報告しあったり、読みたい本を持ってきてリラックスされていたり、スケジュール帳をぼんやり眺めたり、まだまだ自粛ムードな中にも、最初のほうにくる要求なのかな…なんて思いました。(その頃は物欲とか、全くというほどなかったですもの)

今回、歩粉はあの場所を借り続けることが難しくなったことがきっかけで辞めることを決めました。
あの場所が使えなくなる…そんなことを聞かされた時には、私が一番びっくりしました。そんなことあるはずかない!って思いました。
ここで出来ないのならどうしよう、また恵比寿近辺の似た感じのところを見つけて…なんてことも少し考えたこともありました。
たくさん考た結果、一旦歩粉のお店としての活動はお休みしようということ。
語学を身につけ、お菓子のことも、もっともっと知っていきたいなと思ったのです。
まだまだ知りたいこともあるし、私が感じた美味しいなってこととか、それにまつわる事なんかをお伝えしていけたらいいな、と思いました。
昨年初めて訪れた、アメリカオレゴン州のポートランド、ここで暮してそんなことに向き合ってみたいなという思いが湧いてきて、これまた決める時がきたんだなって思いました。

歩粉の閉店をお知らせしてから、多くのかたにまたお店やって下さいね。とお声掛け頂いて、それは胸がいっぱいになる嬉しさでした。お店という選択もありますが、ちょっと違ったアプローチでまた皆さまに美味しいことお伝え出来るよう、お菓子にまつわるあれやこれやを続けていきたいな…って思っています。
しばらくは、ホコちゃんの〜ポートランド便り?通信?
しかも不定期便、、、まめな私でないので、、でも気が向いたら?!
ちょこっとずつでも、何かお伝えしていきたいです。
どうぞどうぞよろしくお願いいたします。
(今回も長〜〜い文章たいへん失礼いたしました、、)
| - | comments(11) |
コメント
磯谷さま

いつもいつも真剣に色々なことに向き合い意識を丁寧に持ってらっしゃるんだっていうことがお会いしてお話していてもこうした文章からも感じられます。

新たな場所に行かれることは寂しくもありますが、とっても嬉しくもあるんです。
きっと決心された時もこの文章を書かれている時もすがすがしい笑顔をされているんじゃないかな?って・・。
だって磯谷さんには笑顔が一番似合います。

だからって「辛い時もいつも笑っていてほしい」のではなく、結果笑顔を導き出せる方だから、その方向に歩いて行かれるならいつでもいつまでも応援したいんです。

お菓子もですが、人柄が大好きなんですもの。
たま〜の通信も楽しみにしています。


お身体だけは注意して下さいね。



いつまでもファンでいます。

しも
| しも | 2015/03/25 4:47 PM |
磯谷さんの近況を知ることが出来て嬉しいです。
歩粉閉店ときいたときは本当に本当にショックで、もう磯谷さんにも会えないのかな…なんて思っていたので、こうしてネットを通じて、今どうしてるのかを知ることが出来るだけで、本当にすごく嬉しいです。
またお店を開いていただけたら、本当に本当に嬉しいですが、磯谷さんの、やりたいと思うことに素直に向き合う自然体な生き方がすごく好きなのです。なので時々こちらをチェックしながら、磯谷さんのことを応援しています。
また歩粉のお菓子を食べられる日を夢見て。
| まみ | 2015/03/26 5:29 PM |
素敵な選択ですね。
朝食のご本を読んで、ポートランドへの愛(笑)を感じていたので、すごく納得です。
たくさんいい経験をなさってくださいね^^

震災のときのことはよく覚えています。
ちょうど、歩粉でいつものように月1のご褒美有休を楽しんだ後のことだったから。その後の私の行動も・・・笑
最近はあの頃よりも顔を出す頻度が減っていましたが、あそこでのんびり過ごして帰り際に仁美さんとお話しして、すーっとした気分になれたこと。わたしの人生でとてもいい時間を過ごせたと思っています。
あれがなければ、いまの私はないも同然。
いいときにお店に出逢え、通えたことに感謝しています。
だって。歩粉の帰り道はいつもスキップだったから。笑

私に限らず、沢山の方にそんな時間を提供なさっていたのですから、今度はご自身のためにたくさんいいことを集めてくださいね。

ポートランド通信、楽しみにしています^^
そして2冊のご本でケーキ、作りますね。
ジンジャーケーキの作り方、あれ知りたかったな。。←贅沢な人です。
| yumi | 2015/03/29 11:33 AM |
ここ数年、だいたい月の最初の土曜日に、月に一度の自分へのささやかなご褒美の時間として歩粉に行くのを楽しみにしていました。
のんびり恵比寿駅から歩いて、仕事のこともダイエットの事も忘れて、ゆっくり甘いものを味わう時間って、今思うととても貴重で、そんな時間を私に提供してくれた歩粉さんにはいちファンとして本当に感謝しています。
なかでも4月のメニューが大好きで、苺とお豆腐のティラミスは、毎年特に楽しみにしていたので、桜が満開の今、今年はもうあの4月メニューが食べられないと思ったら本当にさみしくなってしまいます。あの場所で今年も食べたかった!
今年は本を見て作る方に挑戦ですね。
新たな環境に行かれるとのことで、きっといろいろな体験をされると思いますが、今後の一層のご活躍に繋がっていくことと思います。今後も、ずっと応援してますのでどうぞ頑張って下さい!
| jun | 2015/04/02 1:34 AM |
みなさまの優しいお言葉が、ほわ〜〜っと私を温めてくれます。

今、日本は桜が満開なのですよね。そう、この時期は苺と豆腐のティラミスが定番歩粉の人気メニューで、毎年4月に登場していましたね。
思い出してくださって、嬉しいです。
毎朝、苺をたくさんスライスして時間に追われながらも苺の並んでいる姿、スポンジ生地で覆われて見えなくなってしまうのだけど、かわいい〜なって一瞬思うのです。4月のフルセット2皿目の見た目、やっぱり苺の赤色が入ると断然かわい〜です。小振りの苺が安くて買えるこの時期にぜひ作ってもらいたいな。

私は、打って変わって急にゆっくりと過す毎日で、、、またブログもアップしますね。

| hoco | 2015/04/02 2:23 AM |
ひとみさん、ご無沙汰しています。葉山ホリスティックメディカルクリニックの本田です。
今日ふとひとみさんの事が浮かび、久しぶりに歩粉にお邪魔しようかとネット検索して、お店の閉店を知りました。
突然の事で大変でいらしたでしょうね。
皆さんに愛されていた場所なので、想いはひとしおだと思います。
また新たな一歩の始まりでもあると思いますので、更に進化したひとみさんにお会い出来るのを楽しみにしています。
私事ですが、ポートランドは短期留学していた思い入れのある場所なので、なんだか嬉しいです。
楽しんできてくださいね。
| 本田秀佳 | 2015/04/04 7:48 PM |
ひでか先生〜、ご無沙汰しております。
そう、ポートランドにいるのです。留学されていたのですか〜、日本人の方日本贔屓な方が結構いらっしゃるのだなと、昨年旅行できた時にびっくりしました。
歩粉のこと思い出して下さって嬉しいです。
またお会い出来る日を私も楽しみにしておりますね。
| hoco | 2015/04/06 2:17 PM |
元気そうでなによりです。無事にアメリカに行かれたのかなって気に留めていました。わたしも年に1度はアメリカに行くので、ひとみさんに会う日は遠くない気がしています。語学の上達には、根気、そして自分の中にあるエゴを捨てる必要があると思います。思うように意思疎通がとれず、「かっこ悪い自分」がいたりしますが、それも1〜2年ほどの我慢。それを乗り越えると一気に世界が広がります。どうぞお体に気をつけて頑張ってください。

ヨガアソビ ともえ
| ヨガアソビ ともえ | 2015/06/12 1:04 PM |
ともえさん ご無沙汰しております。歩粉を閉店してからは、バタバタとポートランドへの準備やらで明け暮れ、こっちに着いてからは時間感覚のギャップも大きかったです。そう、かっこ悪いだらけで、、、落ち込むこと多々ですが、そんな自分に向き合っていくしかないですね〜ゆっくりと。ともえさんもお身体に気をつけて。ほんとありがとうございます。またお会いできる日を楽しみに〜。
| hoco | 2015/06/12 9:52 PM |
ひとみさーん!お久しぶりです。ふと、ひとみさん元気かなぁと何気なく覗いたら!ブログが更新されていて嬉しくなってコメントです。
今はポートランドにいらっしゃるのですね!ひゃーんステキーーっ。ホコさんは私の中で、ずーっと大好きなお店です。ひとみさんのお菓子がふと恋しくなる秋でした。また遊びに来ます♪ステキな毎日をー!
| はやしまゆみ | 2015/09/06 4:18 PM |
まゆみちゃん お久しぶり!歩粉のこと思い出してくれてありがとう&#12316;。
すっと大好きなお店&#12316;なんて、嬉しいお言葉じ&#12316;&#12316;んときてしまうわ。歩粉があの場所にないなんて自分でもまだ信じられないよ。
また遊びにきてね&#12316;、ものすごくスローペースの更新だけど、あは。
まゆみちゃんもステキな毎日をー!
| hoco | 2015/09/10 1:00 PM |
コメントする